FC2ブログ

 

千葉県で医療法人設立またはM&Aをご検討中の医師・歯科医師の先生へ最新情報をお届けします。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
『緊急呼出(オンコール)制度を運用する上での注意点』

Q:職員に対して、休日に呼び出して仕事をしてもらうことがあります。緊急呼出
(オンコール)制度として、1 回あたり数千円の手当を支給していますが、運用上
注意すべき点があれば教えて下さい。

A:緊急呼出(オンコール)制度下では、その時間帯は具体的な業務に従事していな
いため、通常労働時間としては扱われませんが、場所的拘束性や時間的拘束性が
高い場合には労働時間として解釈され、その時間分の賃金支払いが必要となる場
合があります。

詳細解説:
患者の容態急変などの緊急時に備え、職員に携帯電話を貸与し、
いつでも緊急出勤を要請できるように備えさせるといういわゆる
緊急呼出(オンコール)制度については、多くの医療機関におい
て採り入れられています。ところが運用方法や管理方法によっては、
自宅等の滞在時間が労働時間の適用を受ける「待機時間」として扱われることがあり、
正しい管理方法を理解しておく必要があります。
そもそも労働時間とは、使用者の指揮命令下に置かれている時間を指しますので(三菱
重工業長崎造船所事件(最高裁一小平12.3.9判決))、緊急の呼出を受けるにあたって、
自宅等の滞在時間がいわゆる「待機時間」と判断されないように運用することが重要です。
この場合、緊急時には速やかに出勤ができるように自宅から離れてはいけない等といった
場所的な拘束を受ける場合や、指定時間には必ずすぐに電話を受け勤務先に駆けつけなけ
ればならないといった時間的拘束性がある場合には、「労働時間」と考えられる可能性が
高いものと考えられます。実際、様々な労働裁判例において、待機時間は労働時間として
認定がされていますので、注意しなければなりません。

一方で、場所的拘束性や時間的拘束性が低く、携帯電話に出なかったことや連絡によっ
て出勤をしなかった場合に注意指導や罰則適用を受けることのない状態であれば、
労働時間として扱われる待機時間とは考え難いと捉えてよいでしょう。
事実、緊急出勤に備え自宅待機をする宅直勤務(オンコール勤務)を行っていた産科医が
宅直勤務は労働時間であるとして、その時間分の割増賃金支払いを求めた奈良県(医師・割増賃金)事件
(最高裁三小平25.2.12 決定)では、この宅直勤務制度が産科医同士で独自で運用されたものであり、
病院の内規などにもその制度化がなかったことから、その時間帯における労働時間性
が否定されました。
以上から、緊急呼出(オンコール)の運用
にあたって労働時間として考えられるのであれば、その時間分の賃金の支払いが不可欠と
なりますので、こうした支払いを避けたいということであれば少なくとも場所的・時間的
拘束性を緩和する必要があります。


東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県での医療法人設立・M&Aはこちらから ↓ 
東京医療法人手続きセンター
事務局 http://tokyo-iryou.com/


スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2018 千葉 医療法人設立・M&Aのメリット・デメリット, all rights reserved.

chibairyou

Author:chibairyou
はじめまして。
東京医療法人手続きセンター
事務局の松瀬です。
 これまで、東京・神奈川・埼玉・千葉・山梨で50件以上の医療法人設立と医療法法人のM&Aをお手伝いさせていただきました。
 弊社では「設立おまかせパック」を59万8千円でご提供させていただいております。次回の申請をお考えの医師・歯科医師の先生方は、ぜひご検討ください。
 また、希少な医療法人のM&Aの案件もございます。
 まずは、下記の事務局ホームページより最新情報をチェックしてください。
 先生方のお役に立てますことを心より願っております。

東京医療法人手続きセンター http://tokyo-iryou.com

最新情報 (39)
未分類 (1)
ごあいさつ (2)
お役立ち (7)
メリット・デメリット (4)
医療法人M&A (4)
シミュレーション (1)
医療法人設立 (15)
節税 (3)
医療法人運営 (6)
定款変更 (4)
解散 (5)
合併 (1)
広域申請 (1)
お知らせ (3)
医療法人の種類 (5)
MS法人 (2)
医療法人制度 (2)
医療法人設立スケジュール (11)
医療法 (9)
Q&A (4)
混合診療 (2)
診療報酬改定 (1)
出資持分のない医療法人への移行 (17)
厚生労働省通達 (10)
医療法人の業務範囲 (1)
セミナー (3)
セミナー情報 (24)

このブログをリンクに追加する

QR

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。