FC2ブログ

 

千葉県で医療法人設立またはM&Aをご検討中の医師・歯科医師の先生へ最新情報をお届けします。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
診療報酬改定と消費税増税の影響は?

平成26 年の医療機関を取り巻く大きな変化として、診療報酬改定と消費税
率8%への引上げは外せません。実際の影響度はどうだったのか。独立行政法
人福祉医療機構が26 年10 月に行った調査結果(※)に注目します。

収入減は46.3% 原因は患者数の減少

平成26 年4 月~9 月の収入について、全体の
46.3%が「若干の収入減」もしくは「大幅な収
入減」と回答しました。
収入減となった理由として「診療報酬改定」
を挙げたのはこのうち14.8%で、大半である
74.2%が「患者数の減少」を第一の理由として
挙げています。

支出増は4 分の3 消費税増税の影響大

平成26 年4 月~9 月の支出については、全体
の75.2%が「大幅な費用増」もしくは「若干の
費用増」と回答しています。
理由として「診療報酬改定」を挙げたのはこ
のうち3.6%に留まり、60.9%が「消費税増税
による影響」と回答しました。

利益減は、半数を超える

平成26 年4 月~9 月の半年間の利益につい
ては、全体の53.2%が「若干の利益減」もしく
は「大幅な利益減」と回答しました。
また、全体のちょうど半数が、平成26 年10
月以降の利益について「減少」を見込んでいま
す。

消費税増税や平成26 年度診療報酬改定に対
して実際に講じた対策としては、「医薬品・医療
材料費削減」が最も多く、次いで「収入増に対
する対策」「委託費削減」「人件費削減」が挙げ
られていました。

※第2 回「平成26 年度診療報酬改定等の影響に関するアンケート」
独立行政法人福祉医療機構(http://hp.wam.go.jp/)が診療報酬
改定、消費税増税から半年経過した26 年10 月にWEB 上で実施。
218 施設(171 法人)が回答。26 年5 月に続き2 度目の調査。

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県での医療法人設立・M&Aはこちらから ↓ 
東京医療法人手続きセンター
事務局 http://tokyo-iryou.com/

スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: | 2015.05.04(月) 20:14 | | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2018 千葉 医療法人設立・M&Aのメリット・デメリット, all rights reserved.

chibairyou

Author:chibairyou
はじめまして。
東京医療法人手続きセンター
事務局の松瀬です。
 これまで、東京・神奈川・埼玉・千葉・山梨で50件以上の医療法人設立と医療法法人のM&Aをお手伝いさせていただきました。
 弊社では「設立おまかせパック」を59万8千円でご提供させていただいております。次回の申請をお考えの医師・歯科医師の先生方は、ぜひご検討ください。
 また、希少な医療法人のM&Aの案件もございます。
 まずは、下記の事務局ホームページより最新情報をチェックしてください。
 先生方のお役に立てますことを心より願っております。

東京医療法人手続きセンター http://tokyo-iryou.com

最新情報 (39)
未分類 (1)
ごあいさつ (2)
お役立ち (7)
メリット・デメリット (4)
医療法人M&A (4)
シミュレーション (1)
医療法人設立 (15)
節税 (3)
医療法人運営 (6)
定款変更 (4)
解散 (5)
合併 (1)
広域申請 (1)
お知らせ (3)
医療法人の種類 (5)
MS法人 (2)
医療法人制度 (2)
医療法人設立スケジュール (11)
医療法 (9)
Q&A (4)
混合診療 (2)
診療報酬改定 (1)
出資持分のない医療法人への移行 (17)
厚生労働省通達 (10)
医療法人の業務範囲 (1)
セミナー (3)
セミナー情報 (24)

このブログをリンクに追加する

QR

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。